時短レシピでおいしく!時間が無くても手軽に簡単な仕組み

時間が無くても手軽に簡単!おいしい時短レシピ

レンジでチンすると時短

時短レシピの良し悪しについては、有機野菜や無農薬野菜などの素材のおいしさや安心できることで格が上がります。 肥料の良い有機物を主とした栽培の野菜などや、化学肥料や殺虫剤等をできるだけ使わない、合成の農薬を使わない併用した栽培などに興味が大きく最適化でき、多少費用がかかっても安心できます。

おウチごはん

節約できる時短レシピは、定食屋さんのメニューを参考にするといいです。 ガッツリとボリュームたっぷりアンド、おウチごはんのヘルシーが基本です。 レンジ調理した野菜を、塩コショウした豚肉の薄切りで巻いて、楊枝でとめてフライパンでサッと焼くレシピはとってもヘルシーで食べ応えがあり、野菜嫌いも克服できます。

砂糖漬けの保存食

果物の砂糖漬けやジャムなどは、素材の味が濃く出て美味しく、砂糖の濃度を濃くしてそれらの保存性が高くなるようにした保存食でもあります。 牛肉の時雨煮や川魚の甘露煮、そぼろ、昆布巻なども高濃度の砂糖で作られていて、保存食としては高級品です。 水分が少なくても、肉や魚の素材が硬くなりません。

材料にこだわることで

大根はそのまま紙に包むなどして立てて冷蔵庫で2週間保存でき、冷凍庫でもいちょう切りや短冊切りしてジッパー付きの保存袋に入れて1か月程度保存でき、自然解凍したり、汁物や炒め物の場合はそのまま投入して料理に使えます。
ぶり大根もレンジを使って時短で作れます。
大根は厚めに皮をむいて1センチの厚さの半月に切ります。
耐熱皿に入れて、水大さじ1をふりかけてラップをかけます。
600Wの電子レンジで6分間程で、大根に竹串が通ればOKです。
ぶりは3センチ位に切り、氷水をボールに準備し、鍋に湯を沸騰させ酒を少々入れ、ぶりを投入します。
表面が白くなった程度湯通ししたら、氷水にとって冷ましてザルに上げます。
生姜は皮を剥き千切りして水につけます。
鍋に大根を入れてかぶる程度の水を入れ煮立てて4人分で大さじ酒5、砂糖4、しょうゆ3、みりん1比率で計10分程度煮つめます。
アクをとったり落とし蓋をします。
生姜と一緒にかさ高く盛り付けます。
豚肉と大根との煮物もよく合います。
大根の皮を剥いて食べやすい大きさに銀杏切りし、ラップをして電子レンジをかけます。
鍋に油を引いて、2センチ程度に切った豚肉の薄切りを炒め大根を入れ、だし汁を入れ甘辛く味付けると時短料理です。
煮物も煮崩れしない時間を考えて調理すれば、煮ている間に別の下ごしらえなどの作業もできます。
作り置きでもできる、冷蔵庫に一旦おけるメニューは週末にまとめて作っておいて、副菜を増やすといいです。
時短でも、献立の品数の多いおかずを可能にします。
作業手順は、材料を電子レンジで調理しても多少時間のかかる煮物を先に作り出しましょう。
アツアツで食べたい揚げ物などは食べる直前に揚げるなど時間差で。
エビフライなども、下ごしらえして衣をつけて冷凍保存が可能です。